なかつか眼科
CONTENTS
HOME
院長挨拶
施設案内
アクセス
施設案内
待合室
当院の待合室は、床材、壁などに明るい色を取り入れ、温かみのある雰囲気となっております。
トイレはバリアフリーの流れに沿って、車いすでもご不便がないように十分な空間を確保しています。
検査室
待合室から入ってすぐが、明室検査室になります。
ここでは視力検査、眼圧検査、角膜の形状解析などを行っています。
また各種コンタクトレンズの装用指導も行います。
その奥にある暗室検査室には、OCT(網膜断層撮影器)、超音波エコー、ハンフリー視野計、ゴールドマン視野計、カラー・蛍光眼底カメラ、角膜内皮撮影器を設置し、緑内障から網膜硝子体疾患までの幅広い眼疾患に対して高度で詳細な検査を行うことができます。
またここでレーザー治療も行っており、糖尿病網膜症や急性緑内障、網膜裂孔に対する治療も積極的に行っています。
診察室
診察イスの横に設置したテレビモニターには、OCT、カラー・蛍光眼底造影カメラ、および前眼部の画像を取り込むことが可能で、検査室で撮影された前眼部から網膜までの各種画像を直接見ていただきながら、具体的に病状説明を行うことができます。
OCT<トプコン3D OCT2000>
光干渉断層計。市中病院や大学病院で使用されているものを導入しました。
OCTでは、網膜中心部(黄斑部)や視神経の断層写真を撮影し、加齢黄斑変性症・糖尿病網膜症、緑内障の状態を客観的に把握することができます。
緑内障の早期診断やこれまで分かりにくかった眼底病変の診断にも役立てています。
2F待合室
エレベーターで2階に上がっていただくと、日帰り白内障手術の付き添いの方の待合室があります。
手術が終了するまで、ゆったりとお待ちいただけます。
手術室
安全に手術を行うため、手術機器は最新のものにこだわり、また床をオレンジ色、壁を薄いピンク色にすることで、手術の際の緊張感を和らげるよう配慮しました。
また万一の停電に備え、無停電電源装置を設置しております。
静養室
手術前の着替えや手術後の安静のためにお使いいただく部屋です。
手術前にできるだけリラックスしていただくため、落ち着いた室内の雰囲気になるように心がけました。